長愛真鯛長野県に美味しい愛を届けたい

そんな想いを込めて追及したのが
「長愛真鯛」。
養殖鯛の生産量が日本一の愛媛県。
エサ・育成環境・鮮度にこだわって育て、
長野県のお客様にお届けする
それがデリシアオリジナルの
養殖真鯛です。

デリシアセレクション長愛真鯛

デリシアが選び抜いた「鯛」は、愛媛県の生産者さんが
稚魚からエサや環境を管理して育成しています。
HACCP様式基準による
Traceability(商品履歴)を
確立しており、品実の確かな美味しい真鯛です。

スピードが命!こだわりの行程

「活〆神経抜き」で
より鮮度良く
「活〆神経抜き」とは、生きた状態の魚を
ワイヤー状の専用器具を使用して行う、
活け締め方法の一つです。
魚を美味しく食べられる最上級の絞め方と言われています。
これに血抜き・冷やし込みを合わせて行うことで、
鯛の鮮度をより向上させています。

コリコリとした爽やかな身の食感

こだわりのエサでより美味しく
緑茶カテキン・ポリフェノール・海藻粉末などを
配合した独自のエサを与えることで、
とても健康的な鯛が育ちます。
健康的な鯛は鮮度が長続きし、
旨味成分の流失も抑制することができます。

尾の先まで美しくお祝いの席にも

紫外線カットの育成でより美しく
鯛が本来生息する深海に近い育成環境を
整えることで、稚魚期から出荷までの一貫した
紫外線カットを行っています。
これにより、真鯛らしい美しさを
追求できるようになりしました。
お供え等でご希望の際は、ぜひご利用ください。

食の目利きたちのひとこと

生産者の愛情がたくさん詰まった
食材を、
長野県に届けたい。
末永く愛してもらいたい。
えさと鮮度にこだわった、当社オリジナルブランドの鯛「長愛真鯛」は、
愛媛県の「豊後水道」で育成されており、プランクトンが豊富な潮の流れの中で、
緑茶カテキンなどを含んだ拘りのえさを与えることで、さらに美味しく、
さらに美しい。そんな鯛を追及しました。現地でしか味わえない
プリプリとした食感、鮮やかなピンク色の鯛は、お祝いや、行事のお供えにも
最適です。
愛情のたっぷり入った「長愛真鯛」!ぜひご賞味下さい。
鮮魚バイヤー 一之瀬 恭平鮮魚バイヤー 一之瀬 恭平
本当にうまい養殖真鯛を食卓へ。
食べてまず驚いたのが旨味の濃さです。
脂のノリも抜群に良いので、お刺身で味わって
いただければ
ひと口で違いが分かると思います。
また、加熱しても身がしっとりと仕上がるので、
ムニエルや蒸し焼きにしても美味しくいただけます。
フードクリエイター 上野 貴史

フードクリエイター 上野 貴史

感動の「完全食」料理人。服部栄養専門学校卒。イタリアン・フレンチを経て、女子栄養大学の学生食堂で12年。
皇室をお迎えしてのイベントプロデュースをきっかけに【日本の食文化・歴史を世界と後世に伝える】天命と出会う。2018年6月 株式会社 八紘 設立
2019年4月 一般社団法人日本たまごかけごはん研究所 設立

長愛真鯛を使ったレシピ

鯛めし丼
鯛めし丼
フードクリエイター 上野 貴史
Message from FOOD CREATOR

鮮度と食感を味わえるお刺身と、旨味と風味を堪能できる鯛めしを同時に楽しめる丼です。卵黄たれを絡めて食べる地元料理「宇和島鯛めし」を分解・再構築した、一皿で二度美味しい贅沢レシピです。

材料2人前

鯛切り身
120g×2枚
梅酒
適量
2合
300ml
昆布
1枚
薄口醤油
大さじ3
みりん
大さじ1
大さじ1
1.5g
生姜
1かけ
白ごま
適量
ガリ
適量
〈卵黄醤油漬け〉
卵黄
2個
薄口醤油
大さじ3
みりん
大さじ1
〈大葉醤油漬け〉
大葉
8枚
薄口醤油
大さじ3
みりん
大さじ1

作り方

〈事前準備〉

  • 卵を割って卵黄を取り出し、調味料と共に浸かる容器に入れて3時間ほど漬けておきます。
  • 大葉を縦半分に切り、硬い芯を取り除きます。
    調味料を入れたジップ付き袋に入れて1時間漬けておきます。
  • 米を研いで分量の水で15〜30分浸水します。
  • 鯛を梅酒で洗い、水気を良く拭き取ります。
  • 浸水した米に調味料・昆布・生姜を入れ、鯛を丸ごと入れて炊飯器で炊きます。
  • 刺身用の鯛を切り身にしていきます。皮目の赤い身の部分が見えるように、包丁を少し斜めに寝かせてそぎ切りにしていきます。
  • 大葉の水気を良く拭き取り、刺身の鯛の右半分に巻いていきます。
  • 鯛めしをほぐして丼に盛り付け、刺身を盛り付けたら中央に漬け卵黄を乗せてガリと白胡麻をあしらって完成です。